読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもの遊び場、2大山口県立施設

*** この記事は「やまぐちの魅力 Advent Calendar 2016」20日目のエントリーです ***

www.adventar.org

 

こんにちは、はじめまして。山口県山口市在住のムラカミです。

   f:id:ud_fibonacci:20161220075319p:plain

私は山口県西部の山陽小野田市で生まれ、高校・大学は山口市。就職してしばらく島根県益田市に住みながら萩市に通い、結婚後山口市にかえってきました。人生の90%は山口県民です。

 

普段は生活する場としてしか山口のことを捉えていないので、良さについて考えたこともなかったのですが、改めて考えると

  • 田舎なので空気が良い(都会と比較して)
  • だいたいどこでも道が良い(益田と比較しても断然いい)

田舎育ちの私には住みやすい場所であると思っています。

 

そんな私も昨年出産し、平日(納期が迫っていないとき)は娘と二人で遊びに出るのですが、中でも気に入っている2つの県立施設をご紹介します!

(行動圏が狭いので両方とも山口市内ですみません(^o^;))

 

1. 山口県児童センター

centaro24.jimdo.com

維新百年記念公園内にある児童センターで、外には大きなアスレチック、中は室内遊び用の部屋、火・水・金は乳幼児対象のイベントもあります。プラネタリウムも毎日やっています。

登録制・予約制・記名制ではないので、行きたい日に行って、行けない日も気兼ねないのが私の性格や今の生活に合っているなと感じています。

子ども(2歳前)は野外でも室内でも何時間も遊んでいます。

 

f:id:ud_fibonacci:20161220081206j:plain

↑ 外のアスレチック

遊具の種類が多く、発達段階に応じた遊び方ができます。娘を自由にさせて観察していると「意外と、もう○○もできるんやね!」と発見できるのも嬉しいです。最近のお気に入りはブランコ。歩き初め~小学生くらいの子が遊んでいます。ボールなどの貸し出しもあるので手ぶらでOK。

 

f:id:ud_fibonacci:20161220081743j:plain

↑ 建物内の”おゆうぎ室”

室内用の滑り台・おままごとセット・大きなブロック・人形・知育玩具・本…いろいろあります。写真では閑散としていますが、曜日や時間帯によっては賑やかです。写真奥の壁面はホワイトボードになっているのですが、動物や食べ物の絵をラミネートしてマグネットを付けたものがたくさんあり、年齢の低い子に人気です(触って楽しんだり、分類したり)。

こちらは0歳のベビーから楽しめます。写真左側に見えるのはカーテンで囲まれた授乳スペース。手前(写っていない)にはウレタンマットが敷き詰めてあります。

 

f:id:ud_fibonacci:20161220083104j:plain

 ↑ プラネタリウム受付(1F)

大人は260円、18歳以下無料です。アンパンマンやちびまるこちゃんなど、子供向けのプログラム(30分くらい)は季節ごとにメニューが変わります。0歳の赤ちゃんもOKで泣き声も聞こえますが、逆にこちらも気兼ねしなくていい雰囲気が良いです。

以前利用したとき、うちの子は全く泣かずに見ていたようで私はすっかり熟睡していました…\(^▽^)/

 

火・水・金はみんなで工作したり、室内ミニ運動会したり、歌ったり踊ったり…定期行事があります。

 

 

2. 山口県図書

山口県立山口図書館

 

山口市には比較的新しい市立図書館があり、ブックスタート(0歳の赤ちゃんへの読み聞かせ会)をやっているのでそちらを利用している親子も多いと思いますが…山口県立図書館もけっこう穴場ですよ!

 

f:id:ud_fibonacci:20161220085407j:plain

写真では分かりづらいかもしれませんが、県立図書館では「こどもとしょしつ」という”部屋”があります。一般の利用者との壁があるので、子どもと多少話しても、読み聞かせをしても大丈夫です。空間自体がこども向けに作られており、私はこの雰囲気が大好き。写真右手前に見える貸出機は子ども向けのインターフェイスになっていて、1歳でもタッチして楽しみながら貸し出し処理できます。

 

f:id:ud_fibonacci:20161220090242j:plain

畳のスペースには、ちょっとした積木やおもちゃがあって、本以外にも楽しめます。もちろん、椅子や机もあり学校帰りに宿題しにくる小学生もいます。自由な雰囲気です。

 

f:id:ud_fibonacci:20161220090613j:plain

こどもとしょしつの一角には、パーテーションで区切られた授乳室もあります。洗面所があるのもいいですね。

 

3. おまけ

以上が私おススメの、子どもの遊び場2大山口県立施設でした!

 

家で仕事(と言ってもほんの少しですが…)をしている関係上、今の私にとってはこれらの自由に行って自由に帰れ、会館閉館日が規則的な施設がマッチしているのですが、ママ友を作ったり育児相談したりしたくなったときは別のところにも行っています(最近は全然行けてないけど…)。

山口には子育て支援センターという、子どもを遊ばせることのできる施設が公立・私立問わず多数あります(他の地域にもあると思います)。私立は私立保育園や任意団体が運営しています。場所によって、先生の雰囲気・そこに集まる親子の雰囲気・おもちゃの種類・立地条件・利用料など違うので、気分や状況によっていろいろ選べます。パワーの余っている男の子のママなんかは育児支援センターのハシゴをしている方もいました。

小さいお子さんをお持ちの方、興味があればぜひどうぞ。どこに行ってもいいし、基本的にどこの先生も優しく迎え入れてくださいます◎

 

www.pref.yamaguchi.lg.jp

 

www.pref.yamaguchi.lg.jp

 

www.attohome.org

 

やまぐちの魅力 Advent Calendar 2016 - Adventar、明日はtomochan_1974さんです◎